広島市議会公明党 ほしや鉄正 HOME
  広島市議会議員 星谷鉄正  
活動レポート 実績 リンク
広島市HP
広島市議会HP
携帯サイト
活動レポート

 2008年≫ 2009年≫ 2010年≫ 2011年≫ 2012年≫ 2013年≫ 2014年≫ 2015年≫ 2016年≫
 2009年
 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月|1月


2009年(平成21年)10月

2009年10月
行政一般に関する調査研究
 人事院が開催する「平成21年度第6回霞が関特別講演」に参加しました。
 この特別講演は、第一線で活躍する各府省の行政官が自ら現在の政策課題について詳細に講演を行うものです。この度は、財務省が「国を創るということ-政と官の協業」を、また、法務省が「外国人の受入に関する政策と実務について」をテーマにして講演を行いました。
 今まさに歴史的転換期を迎えている中で、今後の国政の方向性について、多くの示唆を得たものと思います。今後の本市行政の推進に反映させていきたいと考えています。


2009年10月
経済環境委員会での議案審査等
 10月14日、15日に各常任委員会が開催されました。各常任委員会では、9月定例会に市長から提案された議案のうち、所管に属するものを詳細に審査しました。私は、この6月定例会で、常任委員会委員の改選が行われた結果、経済環境委員会に属することになりましたの †で、10月15日の経済環境委員会で、経済危機対策に係る補正予算案や工業技術センターなどの指定管理者の指定についての審査を行いました。この度、所属することになりました経済環境委員会は、経済の振興、地球環境の保全など、重要な案件を抱えておりますので、今後とも、市民の目線で、当該委員会の審査に加わっていきたいと考えています。


2009年10月
行政一般に関する調査研究
 (社)新聞協会等が開催する「新聞週間『記念の集い』公開パネルディスカッション『政治報道を考える〜歴史的転換期にある政治とどう向き合うか』」に参加しました。
 今回の集いは、今まさに、歴史的転換期にある我が国の政治報道の意義、課題、役割などについて、前衆議院議長の河野洋平氏等を招いての公開パネルディスカッションで、今後の国政とのかかわりについて、多くの示唆を得たものと思います。今後の本市行政の推進に反映させていきたいと考えています。


2009年10月
市政報告会を開催
 10月20日、市政報告会を開催しましたところ、多くの方にお集まりいただいた上に、温かい御支援の声や貴重な御意見を数多く頂きました。今後とも、こうした機会をできる限り設け、直接、市民の皆様に、市の現状や課題等について報告させていただくとともに、皆様から頂いた声を市政に反映させていきたいと考えています。


2009年10月
保健衛生に関する行政の調査研究(パート2)
 朝日新聞社、(財)日本対がん協会が開催する「ピンクリボンシンポジウム『ピンクリボンあなたの笑顔のために〜乳がんに負けない〜』」に参加しました。我が国において、昭和56年から死因の第1位を占めている「がん」対策に当たっては、何より、早期発見、早期治療、早期診療が大切です。この度、女性のがんである「乳がん」について、そうしたことの重要性について、有識者等の幅広い意見等を聴取することができました。今後の本市の施策に反映させていきたいと考えています。


2009年10月
保健衛生に関する行政の調査研究
 在宅ホスピス協会が開催する「東京・生と死を考える会ジョイント講演会『死を教え、生を学ぶ〜死の教育は、生の教育〜』」に参加しました。がんには、男性で2人に1人が、また、女性では3人に1人が罹患すると言われていますが、国においては、特に「がん患者、その家族の苦痛の軽減、療養生活の質の向上」を図ることを一つの目標に掲げて、その対策を推し進めています。そうした中で、在宅ケア等の重要性について、有識者等の見解を聴取できたことは大変意義があったと考えます。今後の本市における施策に反映させていきたいと考えています。


2009年10月
犯罪被害者支援に関する行政の調査研究
 武蔵野大学が武蔵野大学大学院公開講座として開催する「被害者をどう発見するか、被害者をどう支援するか」に参加しました。今回の公開講座は、犯罪被害者の支援等に関して幅広く考察するために、研究者、実践者の専門的見解等を聴取するものでした。犯罪被害者等の支援については、平成16年に成立した「犯罪被害者等基本法」に基づき、国を挙げて取り組むこととされていますが、改めて、住民に身近な地方公共団体の担うべき役割の大きさを痛感しました。今後の本市の施策に反映させていきたいと考えています。


2009年10月
障害者福祉に関する行政の調査研究
 京都府視覚障害者協会が主催する「第43回白杖安全デー『交通安全集会』」に参加しました。今回の集会では、視覚障害者の皆さんからの体験発表や行政の取組の報告が行われましたが、「より一層のバリアフリー化の推進」は、今後のまちづくりを進めていく上で、大変重要な課題であると改めて痛感しました。今後の本市施策に反映させていきたいと考えています。


2009年10月
産業振興に関する行政の調査研究
 (財)東京市政調査会が京都市において開催する「第24回『都市問題』公開講座『ものづくりとまちづくり』」に参加しました。「ものづくり」の集積が高い広島市においては、その振興は即まちづくりの振興につながるものであり、大変重要な視点であると認識しています。今後、本市の施策を推進するに当たり、反映させていきたいと考えています。
   


このページの先頭へ戻る 



広島市議会公明党控室 住所
 〒730-8586 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号

 

Copyright(c)TETSUMASA HOSHIYA. All Rights Reserved.