広島市議会公明党 ほしや鉄正 HOME
  広島市議会議員 星谷鉄正  
活動レポート 実績 リンク
広島市HP
広島市議会HP
携帯サイト
活動レポート

 2008年≫ 2009年≫ 2010年≫ 2011年≫ 2012年≫ 2013年≫ 2014年≫ 2015年≫ 2016年≫
 2011年
 12月11月10月9月8月7月6月5月|4月|3月2月1月


2009年(平成21年)3月

2009年3月
他都市における駐輪対策の実情把握
 3月に開かれました予算特別委員会で、都心部における駐輪対策を取り上げました。その際、駐輪対策を効果的に進めるためには、自転車(ドア・ツウ・ドア)の利点を生かした取組でなければいけないことを示した上で、路上駐輪も積極的に導入してはどうかといった提案もしました。
 今回、議会運営委員会の視察で訪れました川崎市も路上駐輪を取り入れています。今後も、他都市の実情等も十分把握しながら、より有効な駐輪対策を具体的に提案したいと考えています。


2009年3月
DV被害者への支援給付金の支給決定
 配偶者からの暴力(DV)被害により、住民登録と異なる場所に住んでいるなどの理由で、定額給付金の受け取りができない人などへの支援給付金の支給について、国で決まった直後、広島でも対応するよう、担当部署に申入れを行っていましたところ、広島市においても支給することになりました。
 今後とも、ここの状況に応じた適切な取組が実現するよう、尽力していく考えでいます。


2009年3月
市民球場竣工式に参加
 市民球場の竣工式が3月28日に行われましたので、参加しました。新球場の整備に向けては順調に推移してきたと思いますが、この度、竣工式も無事終了し、後はオープンを待つばかりとなったわけです。今後も、そのオープンに向けて万全を期していただきたいと思いますし、オープン後はこの「夢の器」を核とした広島市全体の賑わいの創出を目指していきたいと考えます。


2009年3月
介護予防などに関する行政の調査研究
 平成20年度厚生労働省老人保健健康増進等事業として三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株)が主催した「シンポジウム『介護予防の普及・啓発を考える!』」に参加しました。ここで習得した介護予防事業の現状や今後の方向性等に関する知識等を今後の本市の施策に反映させていきたいと考えています。
 また、本年度、市が策定する平和記念資料館展示整備等基本計画の中に、太陽光発電システムの導入を会派として提案していることから、この機会に、文化庁の職員の方と意見交換をしました。今後の取組を進めるに当たって、大いに参考になりました。


2009年3月
都市活性化に関する行政の調査研究
 浜松市等がJR浜松駅に隣接して整備したアクトシティ浜松を調査しました。この施設は、東海道本線の高架化事業等により生み出された街区に浜松市の産業・文化の発展を担う中核施設として整備されたもので、浜松の顔として中核的な機能を発揮するとともに、東海地域の中核都市にふさわしい都市空間を形成しています。広島市においても、広島駅前や球場跡地などの整備が課題となっていますが、浜松市の事例も参考にしながら、取組を進めていきたいと考えています。


2009年3月
市民球場運営委員会に市議会の代表の一人(総務委員長)として出席
 市議会の代表として、正副議長とともに、「市民球場運営委員会」(市、市議会、経済界の代表等で構成)に出席しました。委員会では、市から、跡地整備などに使う基金を新たに設け、現在の市民球場基金を引き継ぐことや、今年度の市民球場来場者が過去最多の160万人を超えたことの報告を受けました。この委員会も平成21年度末をもって解散され、今後は、跡地活用が市民の最大の関心事となっていますが、この取組は、多くの市民の理解と合意を得ながら進めていかなければならないと考えています。


2009年3月
地球環境の保全に関する行政の調査研究
 斉藤環境大臣の「地球温暖化対策と太陽光発電」に関する懇話会に出席しました。広島市では、今年度を、温暖化対策行動元年に位置付け、中長期的な目標のもとに都市政策を推進していくことにしていますが、今回の成果を、今後の本市の取組に反映させたいと思っています。


2009年3月
平成21年度予算特別委員会 質疑報告  詳しく見る≫


このページの先頭へ戻る 



広島市議会公明党控室 住所
 〒730-8586 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号

 

Copyright(c)TETSUMASA HOSHIYA. All Rights Reserved.