広島市議会公明党 ほしや鉄正 HOME
  広島市議会議員 星谷鉄正  
活動レポート 実績 リンク
広島市HP
広島市議会HP
携帯サイト
活動レポート

 2008年≫ 2009年≫ 2010年≫ 2011年≫ 2012年≫ 2013年≫ 2014年≫ 2015年≫ 2016年≫
 2010年
 12月11月10月9月8月7月6月|5月|4月3月2月1月


2010年(平成22年)11月

2010年11月
消防上下水道委員会に参加

 11月19日、本会議等のない月に定例的に開かれている常任委員会がありました。私が属しています消防上下水道委員会は、午前10時から開催され、消防局から(1)「災害に強いまちづくりプラン」の改訂について、(2)安佐北消防署可部出張所の運用開始についての2件が報告されました。
 まず、(1)の災害に強いまちづくりプランの改訂は、第5次広島市基本計画の策定に伴い、改訂を行ったもので、平成22年度から平成25年度までの4年間の事業計画を取りまとめたものでした。また、(2)の安佐北消防署可部出張所に関しては、安佐北区の三入、大林及び亀山地区の消防力を強化するため、建設に着手していた安佐北消防署可部出張所(可部七丁目)の庁舎が完成し、11月25日から運用を開始するというものでした。
 市民生活の安全・安心を確保することは行政の重要な役割と認識しています。そのためには、防災環境をまず整備することが重要であると考えます。市当局には、着実な取組を行うよう、今後とも、求めていきたいと考えます。




2010年11月
消防上下水道委員会の行政視察

 私が属しています消防上下水道委員会では、11月15日から17日までの間、他都市等への行政視察を行いました。なお、私は、この3日間のうち、都合により、15日のみ参加しました。その15日には、まず、大阪府の枚方市にある村野浄水場に伺いました。この浄水場は日本でも有数の規模を誇る施設で、しかも、太陽光発電や水力発電のシステムを導入するなど、「環境にやさしい浄水場」への取組も積極的に推進していました。また、次に伺いしました大阪市の水道技術センターは、水道技術を担うべき職員の不足が全国的な懸案になりつつある中で、その技術継承に向けた取組をいち早く実施していました。
 とりわけ、環境問題は私たち公明党として積極的に取り組んでいる課題です。そのため、あらゆる部門で、強力に推進していく必要があることを、機会あるごとに求めているものです。また、水道技術の継承も、団塊の世代の大量退職が始まっている中で、重要な課題であると考えています。
 今回、大阪府・大阪市の状況を調査できたことは大いに意義があるものと思っています。




2010年11月
2010ノーベル平和賞受賞者世界サミットに参加

 ノーベル平和賞受賞者世界サミットが、11月12日から14日まで、広島市で開催されましたので、参加しました。
 今回のサミットは、欧米以外では初めて開催されたもので、「ヒロシマの遺産 ー核兵器のない世界ー」をテーマに討議が行われ、最終日の14日には、核兵器廃絶への行動を政府や市民に求める具体的な六つの提言を盛り込んだ「核兵器廃絶に向けた広島宣言」が発表されました。
 被爆地広島からそうした宣言が世界に向けて発信されることは大いに意義があると思いますが、今後は具体的な行動が問われることになると考えます。
 私たち公明党は、これまで、2020年の核廃絶実現とともに、中間年に当たる被爆70周年には、世界の首脳、特に核保有国の首脳が一堂に会して、広島と長崎において核廃絶サミットの開催をと具体的な行動の取組を訴えて続けていますが、時代は確実に動いている中で、今回の広島宣言を意義あるものとするためにも、目標の実現に向かって、一歩一歩前進していくために、今後とも、具体的な行動の提案をしていきたいと考えます。





2010年11月
大都市税財政対策等特別委員会での調査研究

 11月8日、大都市税財政対策等特別委員会が開催されました。今回は、政令指定都市の税財政関係特別委員会が共同で国会の各党派に対して「大都市財政の実態に即応する財源の拡充についての要望」を行う際に、各市の個別要望を簡潔に行う機会が持たれていることから、広島市の個別要望事項をどのようにするか協議したものでした。
 その結果、「原子爆弾被爆者に対する援護措置の拡充強化等」「道路整備事業の推進」「広島駅周辺整備の推進」「ICT施策の充実」「太田川中・上流部床上浸水対策特別緊急事業の促進」「2020年までの核兵器廃絶に向けた取組の推進」の6項目を個別要望事項とし、今後、要望活動を行うことにしました。




2010年11月
中区親善バレーボール大会に参加

 11月7日、第25回中区親善バレーボール大会が、中区スポーツセンターで開催されました。
選手の皆様方のご活躍の様子を拝見させていただき、スポーツの素晴らしさを改めて痛感しました。また、選手・関係者の皆様方と様々にお話ができる機会も与えていただきました。
 広島市においても、地域におけるスポーツ・レクリエーション活動の振興は重要な施策の一つとして掲げています。
 この度いただいた貴重なご意見を、そうした取組を進めていくことに反映できればと思っています。




このページの先頭へ戻る 



広島市議会公明党控室 住所
 〒730-8586 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号

 

Copyright(c)TETSUMASA HOSHIYA. All Rights Reserved.