広島市議会公明党 ほしや鉄正 HOME
  広島市議会議員 星谷鉄正  
活動レポート 実績 リンク
広島市HP
広島市議会HP
携帯サイト
活動レポート

 2008年≫ 2009年≫ 2010年≫ 2011年≫ 2012年≫ 2013年≫ 2014年≫ 2015年≫ 2016年≫
 2011年
 12月11月10月9月8月7月6月5月|4月|3月2月1月


2011年(平成23年)11月

2011年11月
第36回広島市都市計画審議会に出席

 11月11日、第36回広島市都市計画審議会が開催されましたので、議会から任命された委員として出席しました。
 今回の審議会では、佐伯区の彩が丘地区において地区の特性に配慮した建築物等を誘導する地区計画や、アストラムライン白島新駅の配置計画の見直しが行われたことに伴う都市高速鉄道の変更などについて審議等を行いました。
 少子高齢化の進展、人口減少社会の到来等に伴い、今後、土地利用の在り方も新たな視点が必要になってくると思いますが、一方で、市民の利便性の確保も考えなくてはいけません。
 今後とも、そのバランスを適切に考え、都市計画に反映できればと思っています。


白島新駅概略図
―市ホームページより―



2011年11月
厚生委員会の開催

 11月21日、私が所属している厚生委員会が開催されました。この度の委員会では、現在、市当局の方で進められている事務・事業の見直しの検討状況について、中間報告が行われました。厚生関係では、今回、見直しの方向性が得られた事務・事業として13件の内容について説明があり、当日の委員会の場において、高齢者公共交通機関利用助成、墓地管理量制度導入、鈴峰園管理運営の関係で、利用実態や利用者負担の考え方について、数点確認をさせていただきましたが、今後も、引き続き調査を進め、必要な点については、市当局に改善あるいは要望なりしていきたいと考えています。




2011年11月
平成24年度予算編成に関する要望を松井市長に提出

 私たち公明党では、ほぼ毎年予算要望を市長に提出しています。この度は、11月24日に提出しました。今回の内容は、重要施策と考えている次の事項です。
(1)2015年NPT再検討会議を広島市に招致すること。
(2)学校施設の耐震化の更なる推進と保育園施設においても耐震化の推進を図ること。
(3)待機児童の解消を図ること。
(4)自転車の駐輪対策と自転車が走行しやすい環境整備に積極的に取り組むこと。
(5)5歳児健診の推進を図ること。
(6)高齢者の交通手段の確保を図ること。
 今後とも、暮らしの最前線に飛び込み、地域からの『生きた政策』の実現を目指して、積極的に活動を展開していきたいと考えています。




2011年11月
厚生委員会の行政視察

 私が属しています厚生委員会では、11月8日から10日までの間、他都市等への行政視察を行いました。
 まず、8日には、財団法人放射線影響研究所の長崎研究所を調査しました。同研究所は既に昭和57年には移転を完了しており、この度の施設や立地、他の医療機関等との連携状況等を中心に調査を行いました。
 次に、9日には、熊本市動物愛護センターを、また、指宿市の財団法人メディアポリス医学研究財団を調査しました。
 そして、最終日の10日には、佐賀県で進められている九州国際重粒子線がん治療センターの建設について調査を行いました。
 長崎市の事例は、本市の長年の懸案である財団法人放射線影響研究所広島研究所の移転に当たり、大変参考になりました。
 また、熊本市では、市民の動物愛護意識の高揚に関し、大きな成果を上げていました。
 さらに、先進的ながん治療の取組を進められている財団法人メディアポリス医学研究財団や佐賀県への調査は、今後の本市の施策を検討していく上で大いに意義があったと思います。
 今後の議会活動を通じて、本市施策の推進につなげていきたいと考えています。





このページの先頭へ戻る 



広島市議会公明党控室 住所
 〒730-8586 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号

 

Copyright(c)TETSUMASA HOSHIYA. All Rights Reserved.