広島市議会公明党 ほしや鉄正 HOME
  広島市議会議員 星谷鉄正  
活動レポート 実績 リンク
広島市HP
広島市議会HP
携帯サイト
活動レポート

 2008年≫ 2009年≫ 2010年≫ 2011年≫ 2012年≫ 2013年≫ 2014年≫ 2015年≫ 2016年≫
 2012年
 12月11月10月9月8月7月6月5月4月|3月|2月1月


2012年(平成24年)5月

2012年5月

高齢福祉に関する調査研究

 5月31日、高齢福祉に関する調査研究のため、大阪市において開催された第7回三重大学先端研究シンポジウムin Osakaに参加しました。
今回のシンポジウムは、「高齢社会を楽しくする先端研究」をテーマに、その最新の研究内容について紹介するもので、その内容は、高齢化が進む日本の現状や、認知症の症例紹介とその予防方法について、さらに、軽症アルツハイマー病に対する音楽療法の研究状況といったものでした。
 高齢者施策を支える医療・介護技術等の進展は、昨今、目を見張るものがあります。
したがって、高齢者施策を推進していく上においては、そうした先端技術・研究の成果の状況を常に把握し、有用性等を検証しながら、適宜適切に施策に反映させていくことが必要ではないかと思います。
 そうした意味で、こうしたシンポジウムへの参加は大いに意義があると思っています。
 今後とも、機会を捉えて、参加し、広島市の行政に少しでも反映できればと考えています。





2012年5月

地球環境・経済振興・まちづくりに関する調査研究

 5月24日、まちづくりに関する調査研究のため、東京都江東区において開催された「第16回自治体総合フェア」に参加しました。この度のフェアは、「明日を支える公民連携〜魅力ある地域社会の実現〜」をテーマとして開催されたもので、最新技術や施策・取組の紹介・提案を「地域情報化・電子自治体エリア」「災害対策・危機管理エリア」「健康・福祉エリア」「環境・エネルギーエリア」「地域活力・まちづくりエリア」の分野別と、「特別展示」「自治体トピックスエリア」「行政展示」に分類され、71社・団体から出展がなされていました。
 また、5月25日には、同フェアにおいて開催された「自治体カンファレンス・セミナー」(テーマ:津波防災まちづくりについて)を聴講するとともに、地球環境・経済振興に関する調査研究のため、併催されていました「企業立地フェア2012」と「NEW環境展」にも参加し、企業立地や産業立地を提案及び支援する地方自治体等の施策や環境汚染問題、地球温暖化問題等への対応するための様々な環境技術に関する取組について調査しました。





2012年5月

厚生委員会の開催

 5月21日、厚生委員会が開催されました。
 この度の委員会では、(1)「広島市健康づくり計画『元気じゃけんひろしま21』」の評価結果についてと、(2)広島市医師会千田町夜間急病センター及び安佐医師会可部夜間急病センターの運営状況についての2件の報告を受けました。
 この度の報告のうち、「広島市健康づくり計画『元気じゃけんひろしま21』」の評価結果では、悪化している指標の割合が最も高かったものが「休養・こころの健康づくり」の領域であったという報告がありましたが、私のこれまでの議会活動の中でも、度々取り上げてきました「こころの問題」への対応の重要性を改めて痛感しました。
 今後とも、引き続き、機会をとらえて、広島市の取組状況を検証し、必要な提案を行っていきたいと考えています。





2012年5月

経済振興に関する調査研究

 5月15日、経済振興に関する調査研究のため、東京都武蔵野市において開催された「亜細亜大学公開講座『人口減少と日本の経済成長』」に参加しました。
 講師は(株)ニッセイ基礎研究所の櫨(はじ)浩一氏で、我が国における人口減少・人口構造の変化とそのことによる経済への影響、さらに、日本の経済・財政の現状等の分析を踏まえた上での今後の経済戦略の在り方について言及するものでした。中でも、「少子化による人口減少や高齢化により、日本経済が衰退するのではないかという悲観論があるが、必ずしもそうなるとは限らない。技術の進歩が過去の経済発展では大きな役割を果たしており、今後の日本経済にとっても重要である。また、内需・消費拡大を図ることが重要である」といった提言は大変印象的でした。






このページの先頭へ戻る 



広島市議会公明党控室 住所
 〒730-8586 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号

 

Copyright(c)TETSUMASA HOSHIYA. All Rights Reserved.