広島市議会公明党 ほしや鉄正 HOME
  広島市議会議員 星谷鉄正  
活動レポート 実績 リンク
広島市HP
広島市議会HP
携帯サイト
活動レポート

 2008年≫ 2009年≫ 2010年≫ 2011年≫ 2012年≫ 2013年≫ 2014年≫ 2015年≫ 2016年≫
 2012年
 12月11月10月9月8月7月6月5月4月|3月|2月1月


2012年(平成24年)8月

2012年8月

建設委員会の所管施設の視察

 8月30日、建設委員会が所管する施設の視察を行いました。
 視察場所は、広島駅周辺地区、白島新駅整備予定地、市営基町アパートの3か所で、現地の状況を見ながら、市の担当者から取組の具体的な内容、現状等の詳細な説明を受けました。
 こうした視察の成果を建設委員会での今後の調査活動に反映していきたいと思っています。





2012年8月

学校教育に関する調査研究

 8月27日、学校教育に関する調査研究のため、文部科学省の主催により、大阪市において開催された「平成24年度地域とともにある学校づくり推進協議会」(大阪会場)に参加しました。
今回の推進協議会は、コミュニティ・スクールや学校支援地域本部、学校関係者評価等を活用した、地域とともにある学校づくりの充実方策について、教育委員会、学校関係者、地域の人々を交えて協議を行うために開催されたもので、「地域とともにある学校づくり」をテーマとしたパネルディスカッションや「コミュニティ・スクールの具体的な導入の在り方・充実に向けた方策」、「地域との連携による学校運営の充実(学校評価、学校支援地域本部等)」をテーマにした事例発表等が行われました。
 広島市においても、学校と家庭・地域の連携・協力による「まちぐるみの教育」を充実・強化し、子どもの健やかな成長を図るため、今年度から「まちぐるみ『教育の絆』プロジェクト」に取り組んでいますが、各地の取組状況等の情報を得ることができたことは、広島市の取組を今後進めていく上でも、意義があったと思います。





2012年8月

地方制度に関する調査研究

 8月3日、地方制度に関する調査研究のため、内閣府の主催により、富山市において開催された「マイナンバーシンポジウムin富山」に参加しました。
 内閣府が開催するこのシンポジウムについては、7月7日、滋賀県大津市において開催されたものに参加しましたが、より一層調査研究を進めるためには、様々な立場の有識者・市民の方々の意見を直接聴取することが重要と考え、この度も参加することにしたものです。
 この度のシンポジウムでは、マイナンバー制度に関する先進諸国の状況と今後の課題としてその活用法の検討を進める必要があることに言及する特別講演が行われるとともに、早期に導入することを支持し、利用範囲を電子行政全般、民間活用への拡大を要請する意見、番号制度は基礎的なインフラになるが、制度定着にあわせ問題点を検証する必要があるといった意見、プライバシー侵害の危険性等デメリットが大きいとする意見等、制度導入に関して賛否両方から、活発な議論が展開されました。
 前回のシンポジウムに加えて再度こうしたシンポジウムへの参加ですが、大いに参考になりました。





2012年8月

自治体経営に関する調査研究

 8月1日、自治体経営に関する調査研究のため、東洋大学の主催により、東京都において開催された「第7回国際PPPフォーラム『自治体再生の切り札 シティ・マネジメントを考える』」に参加しました。
 この度のフォーラムは、自治体再生に向けての自治体経営の在り方について考察を行うために開催されたもので、自治体経営上の問題に対処するためには、縦割りではなく、総合的かつ長期的に判断する「シティ・マネジメント」が必要であることから、米国の事例も紹介しながら、その意義・必要性について活発な議論が展開されました。
 広島市においても、今後の都市経営に当たっては、自立的な行財政運営の推進や行政執行体制の整備、行政能力の向上といった取組を推進していくことが求められていますが、そうした取組を進めていくためには、行政当局だけでなく、議員、さらに、生活者である市民一人一人が都市を経営するといった視点を身に付ける必要があることを痛感しました。






このページの先頭へ戻る 



広島市議会公明党控室 住所
 〒730-8586 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号

 

Copyright(c)TETSUMASA HOSHIYA. All Rights Reserved.