広島市議会公明党 ほしや鉄正 HOME
  広島市議会議員 星谷鉄正  
活動レポート 実績 リンク
広島市HP
広島市議会HP
携帯サイト
活動レポート

 2008年≫ 2009年≫ 2010年≫ 2011年≫ 2012年≫ 2013年≫ 2015年≫ 2016年≫ 2017年≫
 2014年
 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月


2014年(平成26年)10月

2014年10月

平成26年第4回臨時会の報告

 平成26年第4回臨時会が、10月30日に開催され、平成25年度各会計歳入歳出決算などの決算認定案などについて審議した結果、いずれも決算特別委員会での審査結果のとおり、認定等しました。

 


2014年10月

消防上下水道委員会の開催

 10月30日、消防上下水道委員会が開催されましたので、出席しました。
 今回の委員会では、8.20豪雨災害に関する講演会の開催について、協議しました。
 その結果、11月11日から14日までの間で、講演会を開催することになりました。



2014年10月

平成27年度広島市予算編成に関する要望書を提出

 10月30日、「平成27年度広島市予算編成に関する要望書」を松井市長に提出しました。
 今回は、本年8月の豪雨災害への対応がまず最重要課題であることや、被爆70年にあたる明年は、2020ビジョンを見据えた核兵器廃絶・世界恒久平和実現に向けて大変重要な年となることを踏まえ、(1)災害に強いまちづくり、(2)国連軍縮会議とG8サミットの広島招致、(3)子育て支援、(4)待機児童の解消、(5)地域包括ケアシステムの構築、(6)認知症対策、(7)障がい者等への支援、(8)2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の地域への波及効果、(9)地域の交通安全施策、(10)空き家対策、(11)がん対策、(12)若者の活躍、(13)危険ドラッグ対策、(14)再生可能エネルギーの活用、(15)メッセ・コンベンション等交流施設の整備に関して、平成27年度予算への反映を要請しました。
 これらの項目は、いずれも今時において特に我が会派として重要施策と考えている事項です。
 その実現が図られるよう、今後とも、働き掛けを行っていきたいと思います。





2014年10月
平成25年度決算特別委員会の報告  詳しく見る≫


2014年10月

平成25年度決算特別委員会の報告

  平成25年度各会計歳入歳出決算などの決算認定案などを審査する決算特別委員会が、10月3日から24日までの22日間にわたって、開催されました。
 まず、10月3日には、全委員が出席する全体会議が開かれ、決算等の概要説明や監査審査意見の聴取などを行った後、三つの分科会を設置することなどを決定しました。
 私は、第3分科会に属し、建設関係、消防上下水道関係の審査を行うことになりました。
 また、10月8日の全体会議では、総括質疑を行った後、10月15日から17日まで、三つの分科会に分かれて、それぞれ関係する分野の審査を行いました。
 私の所属する第3分科会は10月15日と16日に開催されましたので出席するとともに、16日には、中心市街地における浸水対策の取組に関して質疑を行いました。
 そして、10月24日には、討論・採決を行い、
付託された決算認定案などはいずれも認定等しました。

 


2014年10月

児童アフターケアひかりを視察

 児童養護施設などを退所し、自立する児童などに、生活・就業に関する相談や児童同士の意見交換・情報交換の場の提供などの支援を行うアフターケア事業所として、児童アフターケアひかりが、東区光町二丁目に、10月1日から開設されましたので、早速視察に行ってきました。
 この事業所は、広島市からの委託事業で、社会福祉法人広島修道院が運営しているものです。
 開設時間は、火・水・木曜日は午前10時から午後2時まで、金・土曜日は午後2時から午後6時までとのことでした。
 私たち公明党では、養護施設を退所し、社会に向かって巣立っていく児童が、安定した生活を送ることができるよう、広島市においても、アフターケア事業など自立に向けた支援を行う必要があることを訴えてきました。
 そうした私たちの思いが、この度、実現することができました。
 これも、日頃の地道な活動の成果ではないかと思います。
 今後とも、こうした市民目線の政策提言を行い、その実現が図られるよう、全力で取り組んでいきたいと思っています。




このページの先頭へ戻る 



広島市議会公明党控室 住所
 〒730-8586 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号

 

Copyright(c)TETSUMASA HOSHIYA. All Rights Reserved.