広島市議会公明党 ほしや鉄正 HOME
  広島市議会議員 星谷鉄正  
活動レポート 実績 リンク
広島市HP
広島市議会HP
携帯サイト
活動レポート

 2008年≫ 2009年≫ 2010年≫ 2011年≫ 2012年≫ 2013年≫ 
  2014年≫ 2015年≫ 2016年≫ 2017年≫ 2018年≫ 2019年≫ 

 2015年
 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月


2015年(平成27年)6月

2015年6月

環境保全に関する調査研究

 6月27日、環境保全に関する調査研究のため、富山県富山市において、経済産業省・資源エネルギー庁、原子力発電環境整備機構が開催した「全国シンポジウム『いま改めて考えよう地層処分』 in 富山」に参加しました。
 このシンポジウムは、高レベル放射性廃棄物の最終処分事業について、国民の理解と協力を得ながら進めていく必要があるという考えの下、今後、国においては、全国的な情報提供等を積極的に行うこととし、その第一弾として、全国9ブロックで開催される全国シンポジウムのうちの一つで、これまでの原子力発電により発生した高レベル放射性廃棄物の現状と今年5月に改定された「最終処分に関する基本方針」を中心に国の取組状況の報告等がなされました。
 高レベル放射性廃棄物は、国内にガラス固化体(高さ約1.3m、直径約40cm)が約2,200本あり、原発で保管中の使用済み燃料を合わせると約2万5,000本に相当するものが存在しているのが現状です。
 しかも、その最終処分の問題はいまだ解決されていません。
 今回のシンポジウムへの参加を通じて、改めて、その問題の深刻さ、重要性を再認識するとともに、廃棄物を発生させた現世代の責任として、最終処分の問題を将来世代に負担を先送りしないよう、その解決に向け、私たち一人一人が真剣に考える必要があることを痛感しました。
 加えて、一部の地域の問題としてではなく、国全体の問題として、当事者意識を持って真剣に取り組んでいかなければならないことを再認識させられました。
 今後の議会活動を進めていく上で、大変参考になったと思います。



2015年6月

平成27年第3回(6月)定例会の報告

 平成27年第3回(6月)定例会が、6月15日から26日までの12日間にわたって開催されました。
 本会議初日の15日には、市長から市政方針に関する所信表明や今議会に提出した総額24億6千万円余りの補正予算案などの議案の概要の説明がありました。
 これらの議案は、関係の常任委員会での審査などを経て、6月26日の本会議でいずれも提案どおり決定しました。
 なお、私が所属している消防上下水道委員会は、6月24日に開催され、議案についてはいずれも提案どおりとするとともに、指定管理者候補の選定要綱について報告を受けるなどしました。 
 また、6月26日の本会議では、議会として、前期に引き続き、議員報酬を5%減額することや四つの調査特別委員会を設置することなどを決定しました。
 私は、四つの調査特別委員会のうち、新たな観光資源の創出とスポーツの振興について調査研究を行う都市魅力づくり対策特別委員会に所属することになりました。



2015年6月

「世界の指導者を被爆地に」要望書を提出

 広島市議会公明党では、6月9日、広島市長宛ての「『世界の指導者による被爆地訪問』実現に関する要望書」を西藤副市長に提出しました。
 要望の内容は、
(1)「核兵器の非人道性に関する国際会議」の広島開催、
(2) 来年、日本で開催される主要国首脳会議(サミット)に参加する世界の指導者の広島訪問、
(3)サミットの関係閣僚会議の広島開催
 以上3点について、国に対して強く働き掛けるよう求めるものです。
 私たちの要請を受け、西藤副市長からは、「要望を踏まえ、国に対し引き続き要請していきたい」というコメントがありました。




2015年6月

都市政策に関する調査研究

 6月4日、都市政策に関する調査研究のため、東京都文京区において、東洋大学が開催した「東洋大学白山学術講演会『公共施設マネジメントから考える都市の未来』」に参加しました。
 この度の講演会は、東洋大学が建築学科とPPP研究センターとの連携によって埼玉県下の自治体(鶴ヶ島市・さいたま市・川越市等)で展開している、公共施設マネジメントを核に産・学・官・民が連携してまちづくりの将来像を描く社会実験「ソーシャルデザイン・プロジェクト」の取組を紹介するものでした。
 広島市においても、公共施設の老朽化への対応のため、全庁を挙げて、対応を講じることとし、本年2月には、「ハコモノ資産の更新に関する基本方針」を策定したところです。
 この策定までの間の取組に関しては、私が委員長を務めました都市政策特別委員会で調査研究を重ねてきましたが、広島市では、今後、この基本方針に基づき、各施設の更新に関する具体の方針の策定の検討を進めるとともに、この具体の方針は、国の要請に基づき平成28年度を目途に策定を予定している「公共施設等総合管理計画」に掲載することを検討することにしています。
 そうした中で、今回、東洋大学が進めている公共施設マネジメントからまちづくりの将来像を考えていく取組の概要等を聴取する機会を得たことは、広島市における取組を進めていく上で、参考になるものであったと思います。




2015年6月

消防上下水道委員会の開催

 6月3日、消防上下水道委員会が開催されましたので、出席しました。
 今回の委員会は、委員選任後初めて開催された、いわゆる初会合で、所管事務の内容等についての説明を理事者から受けた後、今後の委員会の運営等について協議を行いました。





このページの先頭へ戻る 



広島市議会公明党控室 住所
 〒730-8586 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号

 

Copyright(c)TETSUMASA HOSHIYA. All Rights Reserved.