広島市議会公明党 ほしや鉄正 HOME
  広島市議会議員 星谷鉄正  
活動レポート 実績 リンク
広島市HP
広島市議会HP
携帯サイト
活動レポート

 2008年≫ 2009年≫ 2010年≫ 2011年≫ 2012年≫ 2013年≫ 
  2014年≫ 2015年≫ 2016年≫ 2017年≫ 2018年≫ 2019年≫ 

 2015年
 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月


2015年(平成27年)8月

2015年8月

平成27年度「全国都市監査委員会総会・研修会」に参加

 8月27日、28日の両日、徳島市のアスティとくしま(徳島県立産業観光交流センター)で、「平成27年度『全国都市監査委員会総会・研修会』」が開催されましたので、議会から選出された監査委員として参加しました。
第1日目の27日には、会務報告や昨年度の決算報告、今年度の事業計画案の審議などを行った後、煖エ仙台市監査委員から住民監査請求による監査の現状や課題についての研究発表や「実効ある自治体監査を求めて―制度の運用―」と題して、明治大学法科大学院の碓井教授から基調講演が行われました。
 また、次の28日は、分科会に分かれての研修会が開催され、私は、以前から関心を寄せている公営企業の経営や公会計制度に関して見識を深めたいと考え、前半は「公営企業の経営改革における監査の役割」をテーマとする分科会に、また、後半には、「公会計監査におけるICT検査」をテーマとする分科会に参加し、総務省そして会計検査院の講師の方から様々な知識を得ることができました。
 全国都市監査委員会は、全国800余りの都市等の監査委員が参加する全国組織で、毎年8月下旬にはこうして総会と研修会が開催され、事業方針、予算などを決定するとともに、研究発表等を行い、また併せて、監査委員及び補助職員の見識を高め、監査事務の充実や向上を図ることを目的とした研修を行っているとのことでしたが、初めての経験でもあり、監査委員として、また、議員としても大いに参考になりました。






2015年8月

「第25回国連軍縮会議in広島」に参加

 8月26日、「第25回国連軍縮会議in広島」に参加しました。
 この日には、開会行事が行われたほか、広島県知事、広島市長、広島県原爆被害者団体協議会理事長などが「核兵器のない世界の実現に向けて」と題して、意見が交わされるなどしました。
 広島での開催は実に19年ぶりとなるそうですが、被爆70年の節目に広島で開催される意義は大変大きいものがあると思います。
 今回の議論を基に、一日も早い核兵器廃絶の実現に向けての流れを作る一歩としていただきたいと思っています。




2015年8月

「平和記念式典」に参加

 8月6日、「平和記念式典」に参加し、原爆死没者に哀悼の意を表するとともに、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて、力を尽くす決意を新たにいたしました。
 また、この度の式典では、被爆者の高齢化等に配慮した運営を行うため、全参列席へのテントの設置が行われました。
 この取組は、私たち公明党が提案したもので、被爆70年の記念事業として実現したものでした。
 公明党では、ヒロシマの願いである核兵器廃絶と世界恒久平和の実現に向けて全力で取り組むとともに、こうした市民、利用者の目線できめ細かな施策の充実を提案し、そして、実現に結び付けています。




2015年8月

「白島中町原爆死没者慰霊式」に参加

 8月5日午後6時から、白島中町公園で行われました「平成27年白島中町原爆死没者慰霊式」に参加しました。
 70年前の8月6日、一発の原子爆弾によって、広島市は一瞬にして焦土と化し、多くの尊い命が奪われ、数えきれない人が傷つきました。
 ここ白島中町でも、多数の方が命を失い、未来を奪われたわけです。また、一命は取り留められたとしても、原爆は被爆した人たちに苦難を強いてきました。
 改めて、そのことを思い、原爆死没者に哀悼の意を表するとともに、一日も早い、核兵器のない世界が実現できるよう、その非人道性と平和の尊さを訴え続けることをお誓いいたしました。





このページの先頭へ戻る 



広島市議会公明党控室 住所
 〒730-8586 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号

 

Copyright(c)TETSUMASA HOSHIYA. All Rights Reserved.