広島市議会公明党 ほしや鉄正 HOME
  広島市議会議員 星谷鉄正  
活動レポート 実績 リンク
広島市HP
広島市議会HP
携帯サイト
活動レポート

 2008年≫ 2009年≫ 2010年≫ 2011年≫ 2012年≫ 2013年≫ 
  2014年≫ 2015年≫ 2016年≫ 2018年≫

 2017年
 12月11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月


2017年(平成29年)11月

2017年11月

第27回国連軍縮会議 in 広島に参加

 11月29日、第27回国連軍縮会議 in 広島が広島国際会議場で開催されましたので、参加しました。
 この会議は、アジア・太平洋地域において、軍縮問題に対する意識を高め、軍縮・安全保障に関する対話を行う場であり、ほぼ毎年1回日本で開催されています。
 今回の会議は、「『核兵器のない世界』の実現に向けて−共通目標の達成に向けた道のりの構築−」をメインテーマに、世界各国の政府高官や軍縮問題の専門家などが軍縮・安全保障について議論します。





2017年11月

建設委員会の開催

 11月21日、建設委員会が開催されましたので、出席しました。
 都市整備局から「花と緑と音楽の広島づくり」について、報告を受けました。
 この報告に対して、花壇などへの企業のスポンサー制度や、音楽にあふれるまちをどのようにつくっていくかなど、報告内容の確認や今後の取組について質疑を行いました。
 私は自転車をよく利用しており、市内を通るたびに広島市ほど、きれいなまちはないと評価しております。今回説明のあった事業は、広島市を「花と緑と音楽にあふれるまち」にしようという取組であり、とても興味深いものでした。





2017年11月

指定都市・行財政問題懇談会に出席

 11月16日、指定都市市長会が開催する行財政問題懇談会に出席しました。
 この懇談会は、大都市財政の実態に即応する財源拡充に関して各政党に要望するもので、今回、私は指定都市の議員として、国会議員に対し、「真の分権型社会の実現のための国・地方間の税源配分の是正」などについて要望を行いました。





2017年11月

建設委員会の他都市への行政視察

 11月8日から10日まで、建設委員会の他都市への行政視察が行われましたので、参加しました。
 8日は、札幌市のモエレ沼公園を視察しました。モエレ沼公園は、イサム・ノグチ氏が設計した公園で、広大な敷地には幾何学形態を多用した山や噴水、遊具などの施設が整備されており、市民の皆さんが一年を通して憩える公園として親しまれています。
 9日は、札幌市と旭川市を訪問しました。札幌市では、2030年度に予定されている北海道新幹線の札幌延伸などを見据えて策定された「札幌駅交流拠点先導街区整備基本構想」と、道路により市街地が分断されていたのを車線の地下化により東西をつなげる形で整備した「創成川通アンダーパス連続事業と創成川公園」について説明を受けました。旭川市では、「旭川駅周辺再開発事業」について説明を受けました。この事業は、旭川駅周辺地区を教育・文化・産業・行政の拠点として形成するとともに、自然環境を生かした緑豊かな都心空間を創出するよう進められ、平成27年7月に事業が完了しました。
 10日は、砂川市を訪問し、「砂川市飲酒運転撲滅に関する条例」について説明を受けました。砂川市では、平成27年6月に飲酒運転等を原因とする無謀な運転により、5名が死傷する悲惨な交通事故が発生しました。この事故を契機として、「飲酒運転をしない、させない、許さない」という強い自覚を持ち、全ての人が一体となって飲酒運転の撲滅に取り組むため条例が制定されました。
 今回の視察で得られたものを今後の委員会活動に反映し、広島市の事業推進につなげていくことができればと思っています。







2017年11月

平成30年度広島市予算編成に関する要望書を提出

 11月6日、「平成30年度広島市予算編成に関する要望書」を松井市長に提出しました。
 市行政には諸施策の実現のために、より一層強力に取り組まなければならない行政課題があり、それに的確に対応していくことが求められています。このたび、次の事項について、来年度予算に反映していただくよう、市長に予算要望を行いました。
1 核兵器禁止条約の採択とICANのノーベル平和賞受賞を踏まえた核兵器廃絶の流れを
2 2020年オリンピック・パラリンピック東京大会の地域への波及を
3 地震・火災・豪雨等の大規模災害に備えた防災・減災対策で災害に強いまちづくりを
4 公共施設の老朽化対策
5 被爆建物の保存及び遺構の活用
6 子育て支援の推進
7 待機児童の解消
8 児童虐待防止対策の推進
9 いじめ防止対策の推進
10 18歳選挙権に伴う適正な主権者教育を
11 若者の活躍・支援
12 危険ドラッグ対策の推進
13 女性の就労支援
14 がん対策の推進
15 在宅で終末期ケアに臨む患者・家族に対する支援の推進
16 健康長寿社会の実現に向けて健康寿命延伸の取組を
17 安佐市民病院の跡地活用
18 地域医療構想と地域包括ケアシステムとの一体的な取組を
19 認知症対策の推進
20 障がい者等への支援の推進
21 発達障害者支援の推進
22 特別支援学校の環境整備
23 食品の安全性向上、食品ロス削減を強力に推進すること
24 広島の魅力を生かした観光施策の推進
25 広告付き観光サインの早期導入を
26 メッセ・コンベンション等交流施設の整備促進
27 地域の交通安全施策の推進
28 空き家対策の推進
29 入札・契約制度の見直し
30 適正な廃棄物処理行政の推進
31 地方創生の推進と中山間地域の振興を
32 地球温暖化防止に向けた取組と再生可能エネルギーの活用
33 有害鳥獣対策の推進
34 都市農業・市街化区域内の農業の振興
35 魅力的な水産業の振興策を
36 離島振興施策を強力に推進すること
 これらの項目は、いずれも今時において特に我が会派として重要施策と考えている事項です。
 厳しい財政状況の中ではありますが、「選択と集中」・「ゼロベース」の観点から、その実現が図られるよう、市に対しては期待していますし、会派としては、引き続き、働き掛けを行っていきたいと思っています。





このページの先頭へ戻る 



広島市議会公明党控室 住所
 〒730-8586 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号

 

Copyright(c)TETSUMASA HOSHIYA. All Rights Reserved.