広島市議会公明党 ほしや鉄正 HOME
  広島市議会議員 星谷鉄正  
活動レポート 実績 リンク
広島市HP
広島市議会HP
携帯サイト
活動レポート

 2008年≫ 2009年≫ 2010年≫ 2011年≫ 2012年≫ 2013年≫ 
  2014年≫ 2015年≫ 2016年≫ 2017年≫

 2018年

 12月|11月10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月



2018年(平成30年)1月

2018年1月

高齢者福祉に関する調査研究

 1月22日、本市の高齢者福祉に関する施策の参考にするため、内閣府が開催した「平成29年度高齢社会フォーラムin東京」に参加しました。
 今後ますます高齢化の進展が見込まれる我が国においては、年齢にかかわらず、一人一人の意欲や能力を最大限発揮でき、高齢期にも活躍できる社会をみんなで作ることを目指し、若い方から高齢期の方まで、地域社会や民間団体、行政など社会全体として取り組めることについて、共に考えていくために開催されました。
 基調講演では、「高齢者から発進!世代をつむぐ、『三方よし』の地域づくり」と題して講演があり、小学校での本の読み聞かせボランティアの活動など、ボランティアに高齢者が参加することは世代間交流となり、健康維持への効果は顕著であり、「自分のため、相手のため、地域のため」の「三方良し」こそが、今後大切になってくるとのことでした。
 広島市においては、現在策定している第7期広島市高齢者施策推進プランで、「高齢者一人一人が、いきいきと、住み慣れた地域で安心して暮らせる、持続可能な共生型社会の形成」を基本理念に掲げ、その実現を目指すこととしています。そうした取組を進めるに当たって、大いに参考になるものであったと思います。





2018年1月

建設委員会の開催

 1月19日、建設委員会が開催されましたので、出席しました。
 この度の委員会では、道路交通局から「広島市観光レンタサイクル『ぴーすくる』について」と「道路上のごみボックス改善に向けた取組状況について」、理事者から報告を受けました。




2018年1月

高齢者福祉行政に関する調査研究

 1月10日、本市の高齢者福祉に関する施策の参考にするため、一般社団法人医療介護福祉政策研究フォーラムが開催した「平成30年新春座談会」に参加しました。
 今回は、「地域医療構想と地域包括ケア」をテーマに、厚生労働省の職員を始めとして、7名の講師が講演されました。
 高齢期の人たちは、自分ができる何らかの社会貢献をしながら、ゆっくりと人生を過ごす段階を支え、できるだけ要介護にならないようにする。こうした視点も地域包括ケアシステムにとって重要と考えられています。
 広島市においては、地域包括ケアシステムづくりをさらに充実・強化していくため、現在策定している第7期広島市高齢者施策推進プランで「2025年を見据えた地域包括ケアシステムづくりの推進と深化」を目標に設定して、取り組んでいくこととしています。そうした取組を進めるに当たって、大いに参考になるものであったと思います。





このページの先頭へ戻る 



広島市議会公明党控室 住所
 〒730-8586 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号

 

Copyright(c)TETSUMASA HOSHIYA. All Rights Reserved.