広島市議会公明党 ほしや鉄正 HOME
  広島市議会議員 星谷鉄正  
活動レポート 実績 リンク
広島市HP
広島市議会HP
携帯サイト
活動レポート

 2008年≫ 2009年≫ 2010年≫ 2011年≫ 2012年≫ 2013年≫ 
  2014年≫ 2015年≫ 2016年≫ 2017年≫

 2018年

 12月|11月|10月9月8月7月6月5月4月3月2月1月



2018年(平成30年)6月

2018年6月

建設委員会の開催

 6月26日、建設委員会が開催されましたので、出席しました。
 この度の委員会では、まず、付託された7件の議案について審査を行い、すべて原案どおり可決しました。
 その後、建設委員会に付託されている請願・陳情の審査を行いましたが、引き続き調査・研究が必要ということで、いずれも継続審査になりました。
 次に、公益的法人等に関する調査を行った後、市当局から、「西広島駅北口地区のまちづくりの推進について」、「広島駅南口広場の再整備について」、「建設委員会所管施設に係る指定管理者候補の選定要綱について」、以上3件の報告を受けました。





2018年6月

防災対策に関する調査研究

 6月2日、本市の防災対策に関する施策の参考にするため、河北新報社及び静岡新聞社が開催した「むすび塾 東日本大震災を忘れない〜被災体験を聞く会」に参加しました。
 河北新報社は、東日本大震災の教訓を今後の備えにいかすため、平成26年から地方紙と共催による「むすび塾」を展開しています。共催による「むすび塾」は通算12回目で、今回は「東日本大震災を忘れない〜被災体験を聞く会」をテーマに開催されました。
 東日本大震災で被災された3名の語り部の方が津波の恐怖や肉親を失ったつらさ、後悔などの体験談を語られ、南海トラフ地震が想定される中で高い防災意識を持ち続けることの大切さを訴えられました。
 また、特別講演では、東北大学大学院の研究員の方が東日本大震災に関連した津波避難シミュレーションを披露され、車での避難が大渋滞を引き起こす様子などを紹介されました。
 広島市においても、南海トラフ地震や安芸灘〜伊予灘〜豊後水道の地震等による被害が想定されており、常に防災意識を持ちながら、生活することが大切です。市民の方に対して、そういった意識を植え付けるための啓発を継続的に進めていく必要があります。そうした取組を進めるに当たって、今回の講演会で、日頃からの備えや被災時の対応等について、市民の方から直接話を聞くことができたことは大変意義があったと思います。






このページの先頭へ戻る 



広島市議会公明党控室 住所
 〒730-8586 広島市中区国泰寺町1丁目6番34号

 

Copyright(c)TETSUMASA HOSHIYA. All Rights Reserved.